富田涼介  矢野利裕  佐藤公一等の小林秀雄論  石川巧『幻の雑誌が語る戦争』

以前ヒグラシゼミで旦敬介「アフリカの愛人」について発表してくれたトミー(富田涼介)が、なんと『すばる』の批評募集で佳作に入選したと聞いたので市内の増田書店へ立ち読みに行った。
当選作ではないので本文は掲載されていないけれど、選考委員が座談会形式で詳しい内容紹介とコメントをしているので、トミーが書いた批評をそれなりに理解できた気がした。
ボクは全くの門外漢であるサブカルチァー論のようなので内実は分からないけれど、一部の選考委員の評価を得ていたのは嬉しかった。
マイナス評価の委員の指摘では、東浩紀などの影響が露わ過ぎるということのようだけれど、東浩紀も流行り過ぎたお蔭で同調圧力に抗してしまうたちなので無関心だから、トミーが東の亜流なのか否かの判断できない。
もう1人の佳作は開高健論で、個人的にはこちらの方が関心が強いので引き続いて読んでしまった。
この批評だけは委員が揃って文章を褒めていたので、とても安心できた。
というのも審査委員が全員若いので、批評の文体を軽んじいるものとばかり侮っていたけれど、キチンと文章も評価のポイントにしていたからの安心だ。
研究も同然ながら、批評は特に文体無くしては成り立たないというのがボク(等の世代)の価値判断なので、文章が下手な批評などあり得ないということになる。
ともあれトミーは矢野利裕と同様、将来性豊かなので期待したい。


ついでに単行本のコーナーに行ったら最近の小林秀雄論が数冊並んでいたので、怒りに近いものを感じた。
もちろん前田英樹氏のような優れた論(増補版)も並んではいたけれど、佐藤公一のものを含めて存在価値の無いものがほとんどだったからだ(三田文学系が記憶に残っている)。
紙の無駄、読む者にとって時間の無駄、という類の駄本は小林論に限らないだろうけれど、むかし山内蘒史が太宰文献の9割は紙クズだと言った(言葉はもっと柔らかかったけど)のを思い出した。
トミーや矢野レベルの論なら読む価値があるだろうけれど、自己満足だけのレベルの論は一般の流通に乗せないでもらいたいものだ。

増田書店のイイ所はけっこう近代文学の批評・研究本を揃えているところで、久しぶりに行ったら戦争関係の本が目についた。
中でも頂戴したばかりの石川巧『幻の雑誌が語る戦争』(青土社)が目立つように並べてあったのは、さすがに増田書店といった感じ。
以前、太宰研究を支えている1人・斎藤理生さんが小林秀雄逸文を発見して話題になっていたし、遡れば石川偉子さんには川端康成その他の逸文を数多く見出した業績があるけれど、石川巧氏の本書は新発見の宝の山のようなもの。
なぜこの時代になっても壺井栄佐藤春夫武田麟太郎石川達三室生犀星等々の埋もれた作品・掲載誌が見出されたのか、もちろん石川氏の優れたセンスに基づくアンテナの張り方の賜物なのであるが、頭だけでなく身体を使う労力を惜しまぬ研究意欲無くしてこれだけの成果はありえない。
むかし地方の大学が会場になった際に、庄司達也氏や山口直孝氏(だったと記憶する)達がその地の新聞を見に行く姿に出遭い、その地道な研究態度に頭が下がったものだが、石川氏の姿勢も同然のものであろう。
トミ―が単なるモノマネだとは思わないけれど、東浩紀など流行りのネタ(頭)に頼っている批評・研究ばかりでは先が覚束ない。
脚(身体)を使った研究無しには、研究自体が滅びてしまうだろう。
どうすべきか? 本書にはその方針も方法も苦労も楽しさも全部書かれている、まずは読んで楽しむべし!