【見る・聴く】一龍齋貞鏡(をゴジムのレギュラーに!)  神田松之丞、改め伯山はスゴイ!  太田光は終った!

 先日ゴジム(5時に夢中)を見たら、女性講談師の貞鏡が出ていたのだけど、これが素晴らしかったネ。講談も少し披露して聴けるレベルだったけど、コメンテーターとしても抜群に面白かったヨ。神田伯山とは同じ派閥なのか(彼女によれば、講談界も3つの派閥に分かれているとのこと)彼を絶賛していたけれど、伯山のようにキツイ辛口で直言するところが聞いていて実に心地良い。美人顔でキレイだけど、頭もキレ味が良くて毎回聞いていたいタレントだネ。火曜日の岩下とかいうオカマ(を装う)ジジイの1人でハシャギ過ぎ、かつまるで面白くもないのを降ろして貞鏡をレギュラーに据えて欲しいネ(とはいえ、岩下とは異なり売れっ子のようで無理なら、月に1度でも出て欲しいものだ)。

 

 先週の日曜にたまたま夕食中に見た「情熱大陸」(TBS夜11時~)では、その伯山を特集して見応えがあったネ。伯山の天才ぶりも努力の賜物という面もあり、1つの講談をマスターするまで100回の完話をくり返すとのこと。先般真打ちになった落語の小痴楽の逸話によると、一緒に地方に営業に行き小痴楽は毎晩呑んで帰っても、隣りの部屋では呑まずにずっと部屋で持ちネタ(講談)をくり返している伯山の声が聞こえたという。稀代の才能を持ちながらもこの努力、空前絶後と言われる講談師になるのも時間の問題だネ。番組最後に放映された4日連続で2時間ずつ話すというワルのネタ、悪行をくり返した果ての男が刑死する最後の言葉を、伯山は自分なりに大幅に変えてしまい《薄っぺれエ人生を細く長く生きる意味なんて無エ、俺ア太く短く生きるンだ(カタカナは江戸弁)》としつつ、現代人の生を批評する視点を目立たせている。

 その番組で洩らしていたのか、「太田(光)さんはサンデー・ジャポンが代表的な仕事になっちまた。」という意味の言葉が、現在の太田の位置を言い当てているネ。先日もブログに記したけど、太田は全く生彩を欠いて芸人としてはレベルの低い存在に成り下がってしまったネ。サンジャポ西川史子が嫌だから見ないけど、確かに今の太田はMCとして一言で軽い笑いを取る、といった仕事だけという印象だネ。伯山と対照させると一目瞭然だけど、間違いなく太田光は終ったネ。

 

(BSプレミアムの「ヨーロッパ・星付きシェフからの招待状」という番組を見ながら書いているのだけど、日本人シェフでミシュランから星が付けられた数人を紹介している。最初の1人の手島竜司という人は、先日のヒグラシに伊豆から参加した土屋佳彦クンにソックリだネ。16日のBSテレ東夜11時からの「辰巳葡萄」にも出ていて、土屋クンに似ていたのですぐにメールしてあったのだけどネ。それにしても出てくる日本人シェフは、どれも人並み外れた努力をしているのだネ。太田光が忘れ果ててしまったものだヨ、芸を磨く努力を忘れた太田の復活は不可能に近いネ。

 高価そうな彼らの料理も1度食べてみたい気もしないでもないけど、どれも熱を加えるフランス料理よりもユウ君が作ってくれたナメロウは世界一だろうし、シロギスの昆布締めなどはどこでも食えない代物だヨ。それに何よりも、独りの美食よりも仲間との飲食だヨ!)