【訃報】佐藤正光さんの通夜報告 

 情報を伝えてくれたヒッキー先生に合わせて13日の通夜に行ってきたので、簡略にその報告をします。

 会場が江古田で日大芸術学部がある所であり、学部生の頃には全共闘運動で全学バリケード封鎖で学内右翼(スポーツ学生)と闘って注目された学部だった。高校時代の同級生が所属していたけど、封鎖が解かれた後は右翼が支配していたので大学に戻れなかったそうだ。ボクが訪れた時は封鎖が解かれた頃だったと記憶するけど、いずれにしろ懐かしい感じの土地だったので早く着いた余裕で道に迷いながら街探索の気分だったネ。お蔭で徒歩6分のところを30分かかって汗だくで到着した。参列者が(主催者の予想をはるかに超えて)多かったので、2階の会場には収まりきらずに1階にもあふれたとのこと。見覚えのある顔と出会うのに、教員なのか卒業生なのかも分からない人もいて挨拶のしようがなかったネ。

 完全にキリスト教式の通夜だったのでパウロ佐藤正光を偲びつつ、全員で聖歌を歌ったり・そろって聖書の文言を朗読したりで無信仰の身としてはツラかったネ。仏教なら坊主のワケの分からないうなり声を聞き流していれば済むからネ。もちろんボクはいっさい声を発することなく、黙って佐藤さんを偲んでいたヨ。終ったら軽食が用意されているという案内を無視して(参列者が少なくて用意された食事が余りそうな時には、主催者の気持を察してたくさん食べたこともあったけど)、ヒッキー先生と帰途についた。いちおうヒッキー先生(たち)にゴチソーする財布の用意はしてあったけれど、ヒッキー先生が翌日授業があるのを確認して呑まずに帰ったヨ。

 駅までは木村学系長(釣り部ではシロギス名人)と哲学の井ノ口哲也先生(天パーなのにカネのかかったパーマに見えて羨ましい!)と一緒だったけど、学系長は立場上付近の呑み屋で待っていた同僚の所へ向かった。大学に向かう(研究室に泊まると言う)ヒッキー先生と同じ国立住民だという(ビックリ!)井ノ口先生と帰路が同じだったので安心して帰れたヨ。でも電車内ではほとんど立っていたので、帰宅したら疲れが出た上に風呂で脚を伸ばしたらつってしまったネ。汗をかいたのに水分補給が不足した上に歩き疲れたせいだネ、久しぶりに「芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)」を飲んだ。漢方薬なのに(?)即効性があるのでありがたい薬だから、同じ症状が出やすい山田有策先生にも紹介したら喜ばれたヨ。

 前日呑んだから呑まないはずだったけど、食事だけだともの足りない気がして西友で安い寿司(駅のマルシェの半値ほど)をゲットしてビール(と焼酎少々)を呑んで寝たヨ。疲れていたせいか、目が覚めてもまたすぐに寝入れたヨ。サトちゃん(佐藤先生)は酒飲みで酔うと歌ったそうだけど、きっと下手だったと思われる歌など聞きたくないものの、もう一緒に呑めないと思うと無念だヨ。

 冥福を祈るのみ!

【訃報】佐藤正光先生逝去(訂正版)  

 卒業生にも情報を流した方がイイと思ったので、いちおう記しておくネ。

 佐藤先生は長いこと病気で寝たままだということは聞いていたし、毎年出していた年賀状もご家族から打ち切りの連絡がきたので今年は出さずにいた。

 

【通夜】 6月13日 18時30分~

【告別式】6月14日 11時30分~

 

【喪主】 佐藤美香

 日本聖公会 東京教区 インマヌエル新生教会 

  176-0004 練馬区小竹町1-32-6

  03-3955-0682

 

(付記) 佐藤正光さんの「正光」ではなく「成光」と記していたので、佐藤さんにお詫びしつつ訂正させていただきました。

 ふだんは「サトちゃん」と呼んでいましたが、心の中では「せいこう」という名で意識していたのがいつの間にか「成功」⇒「成光」と変換されてしまったものと考えています。

【見る】奈良美智=憎らしいけど可愛い⇔山﨑怜奈=憎らしいだけで見るに耐えない  小木博明

 美術番組はたくさん録画してあるけど、先日その中の奈良美智(よしとも)の特集をしていたもの(たぶん日曜美術館)を見ていたら、坂本美雨青森県立美術館を訪れて奈良作品を初期からたどって見せていた。奈良がドイツに留学していたというのは初耳だったけど、その頃に有名になった頭でっかちの少女(ピンとこない人はググっておくれ)を描き始めたそうだ。それが現在のような表情よりもキツイ憎たらしい目つきで笑えたけど、坂本に言わせれば「憎らしいけど可愛らしい」のだネ。帰国後に少女の表情は柔らかくなっていったようで、行きついたら大きな目から涙がこぼれることになったというのは面白い。

 なぜか想起されたのが山崎玲奈だったけど、消えて欲しいと思っているのにテレビ番組で目に付くようになっているせいかな。そもそも学芸会レベルを脱しないAKBの類の中でも、とりわけ「醜いアヒルの子」を見出してフシギに思って訊いたら、アマッチが「ブスだけど慶応の学生ということでグループに入れられている」(表現はボク)と教えてくれた。そういえばAV女優もこの手のグループに入っているそうだから、デキの悪い慶大生がいてもかまわないわけだ。それにしても偏平足のような顔立ちで目つきが悪い上に、性格の悪さを表すように笑わないツラをしているのに、番組が使う理由が分からない。

 と思ったら、彼女のウリが歴史ということだったので理屈の上では納得。理屈の上ではというのは、「歴女」なら村井美樹はじめ可愛らしいタレントがいるからわざわざ「醜いアヒルの子」など必要ないからだ。一度この二人が一緒に歴史番組に出ていてことがあり、明るい笑顔の村井に対してつまらなそうな無表情でいる山崎との明暗の対比があまりにハッキリしていて驚いたネ。根っからの歴史好きが身体にも現れている村井に比して、タレントとして生き残るために取ってつけたように歴史をニワカ勉強している山崎との対照は以前にも記したネ。「歴女」が必要な番組が増えて「醜いアヒル」まで動員せざるとえない状況なのかな。

 美術や歴史が好きでその手の番組を楽しんでいるけど、美術では「ぶらぶら美術館」に無知で低能な小木博明おぎやはぎ)がシャシャリ出るのがジャマで不愉快きわまりなかったものだ(幸い?番組が終了したけど)。美術番組では子供用の(?)「ねこのめびじゅつかん」(カミナリがMCで面白い)まで楽しんでいるくらいけど、歴史番組もEテレの教育番組も見ることがあったものの、山崎が生徒相手にイカツイ肩幅でイジメ教師を演じているようで見ちゃいられなかったネ。

 小木博明が低能なまま変われないように、山﨑怜奈が白鳥に生まれ変わることなく「醜いアヒル」のままであるかぎり見るに耐えない。歴史に対する愛も無く・知識も浅いタレントなど、不快に耐えてまで見る必要性はまったく無いからネ。

【状況への失言】国立のマンション、入居前に取り壊し  富士山が見える!

 たった今「ひるおび」で国立市の建設完成間際のマンションが壊されることになったと、いうニュースを取り上げていた。2・3日前から簡単なニュースとして触れられていたようながら、今日は大々的に取り上げていたネ。ほぼ完成されて18室の半分が契約済みということながら(ということは入居が始まろうという今になっても半分は空いたまま)壊すことになったのは、「富士見通り」という景観そのものが破壊されることになるので住民が反対し続けているためだ。法的にはクリアしているものの、住民が今でも納得していないのでセキスイハウス側では(返却金に500万を上乗せしつつ)壊すことにしたとのこと。

 実はボクはこの富士見通り沿いと言える所に住んでいるので、半年ほど前からこのマンションが早く完成されて富士山が見たいと思っていたのだネ。完成されれば建設のための壁が取り除かれて見えるものと思っていたら、まさか工事中どころか完成間近と知って驚いているヨ。ハナから富士山が見えなくなる(右半分だけど)のが分かっていながら建設していたのだネ。富士見通りとはいえ年中見えるわけではなく、スモッグのせいかクッキリ見えることはあまりない。正月にはスモッグにジャマされずに自慢の富士山(?)が見えるのでイイ所に住んでいるナと嬉しくなるものだ。日々駅近くの西友ストア等に買い物に行くと、必ず「見えるかな」と思いつつ視線を向けるのが常ながら、だいたいボーっとして見えないことが多いネ。

 

 10年チョッとしか住んでいないボクが景観権を主張するのはオコガマシイけど、昔からの住民にとっては一大事だというのは理解できる。だから住民が集まって何度も市に抗議・申し入れをくり返したというのも当然だし、その成果が今回の取り壊しにつながったものと思う。「ひるおび」では国立では2000年代初頭にもマンション建築に住民が反対したものの、敗訴したという事実を紹介していた。新住民だったボクも耳にしたけれど、当時の非自民党の女性市長が建築を許可しなかったため訴えられ、1000万円以上の賠償金を課されたとも聞いて驚きつつ怒りを発したものだ。

 そもそも国立市は進歩的(?)な住民が多いようで、早くから景観を守る意識が強かったらしく長年愛された駅舎が壊されることにも反対したものの、全国一律の素っ気ない駅が建てられてしまったので元の小さな駅舎を駅前に建てたというガンコさを示して微笑ましく感じたものだ。「大手町」などの町名もそうだけど、駅舎も全国一律に統一したものにするというセンスの無さは腹立たしい限り! ボクは学部生時代のバイトとして栃木貨物という運送屋で車の助手役で2年間働いたけど、日本橋辺りの呉服屋に通う途中で「蛎殻町(かきがらちょう)」という交通表示を見て谷崎の小説に出てきそうな町名だと感心していたけれど、今やどこにでもある町名に変えられてしまったのだろネ。

 ともあれ富士山の全体像がまた見えることになったので、国立を訪れる人は富士見通りで視線を富士山に向けて欲しいネ。見えればお得感が味わえると思うヨ。

 それにしても先般富士山が見えるというので、コンビニ前の通りが外国人に占拠された形になって住民が迷惑している、というニュースがくり返されていて苦笑が洩れたネ。富士山の美観が日本人以外にも承認されたというのは、フシギながらも喜んでイイ気がするけどナ。

【聴く】ブルックナー「交響曲第7番」  アバド指揮

 昨夜はブルックナーの演奏が聴けるので紹介しようと思っているうちに、寝不足がたたって紹介記事を書いているうちに寝入ってしまった。このところロングブレスという呼吸法を教えてもらった効果が出て睡眠の質が向上したのはイイけれど、生活時間が乱れきって今まで以上に深く・長く昼寝してしまう。昨夜もそれで紹介を失敗したしだい。でも目覚めてすぐにエッシェンバッハ指揮で聴き始めたけど、素晴らしかったネ。N響は日本のブルックナー演奏の第一人者である朝比奈隆の指揮でも良かったけど(朝比奈は専属の大阪フィルを指揮した時が最高だけど)、エッシェンバッハも素晴らしい演奏をしていて十分に楽しめた。演奏後にはエッシェンバッハがくり返し拍手で呼び出されるほど観客が感動したのが伝わってきたけど、珍しいことだと思うヨ。

 録画しなかったのは(録音ではマタチッチの歴史的名演奏その他もあるし)アバド指揮ルツェルン音楽祭管弦楽団のこの上ない演奏がブルーレイに録画されていたからだ。今日それを久しぶりに聴いたら、これこそ歴代最高の演奏だと感動したネ。そもそもN響自慢の弦楽合奏など比較にならないくらいの合奏力で、比べるとN響の音は粒立っているのが耳につく。個別の音が全体に溶けてないのだネ。ルツェルンのは全体が1つの音として聞こえるくらいなめらかでウットリするほどだ。ルツェルンのメンバーはボランティアのように毎年集まってオケを構成する(と記憶する)珍しいものだ。画面を見ているとベルリン・フィルのコンサート・マスターはじめ、見覚えがある有名な奏者が次々と現れるので驚くヨ。

 アバドが胃ガンでベルリン・フィルを退いてから2003年にこのオケを組織して指揮したのだから、スゴイ演奏をするのも当然だネ。アバドは10年超演奏し続けた間にマーラーを取り上げたそうで、ボクも第4・7・9・10番を録画してあるけど、個人的にはアバドマーラー演奏はそれほど合っているとは思っていない(他のツマラナイ演奏に比べればスゴイけどネ)。最初吉田秀和のラジオ番組で第4番だったかを聞いた時には、こんなのはマーラー演奏じゃないネと感じたものだ。心底吉田さんを信頼していたけれど、マーラーだけは意見を異にしていたネ。

 しかしブルックナーは5番と7番を録画してあるけど、これ以上は考えられない演奏だ! ブルーレイなら貸すことができるから、部活などで直接渡せる人にはお貸しするヨ。聴いて驚くナ、というより驚いておくれ!

【観る】ルドン  武満徹

 先日Eテレで放映したばかりなのに、紹介するまでもなくたった今目の前で再放送しているので録画する余裕もないヨ。「おとなタイムマシン」という最近始まった番組だけど、昔の日曜美術館から有名な芸術家が語った好きな画家を取り上げている。先般は若くて黒髪の谷川俊太郎フェルメールについて語ったのを放映していたけど、ブームになる前だったせいか全然面白くなかったネ。次いで武満徹の「私とルドン」を放映していた時も、俊太郎と同じくツマラナイものと決め込みつつ見たけれど、俊太郎とは正反対で深い鑑賞で驚いたヨ。ルドンはフェルメールほど知られて(好かれて)ないのに、それに好んで注目した武満のルドン理解はスゴいネ。大むかし武満の文章から現代文の問題を作ろうとしたことがあったけど、論理より感性を重視した書き方なので問題が作れなかったのを思い出す。

 数年前にルドン(だったかヴァロットン)の作品が来日した時に三菱1号館美術館に観に行ったことがあるけど、そもそも版画(白黒の世界)からパステルのカラフルな世界に移ったルドンのパステルの世界的代表作「グラン・ブーケ」はこの美術館に所属していて、パステルは色彩(粉)が落ちやすいので本物は展示しない代わりに常時その映像を見せている。武満は白黒の世界についても・カラフルなパステル画についても、独自で興味深い洞察を披露していたヨ。再々放送があれば絶対録画したいネ、皆さんはオンデマンドとか何かでそれができるのかな?

 ともあれ武満のルドン解説は刺激的で面白い、おススメです!

 知らない人はググってみれば好きになるかもネ。白黒版画でもパステル画でも一つ目小僧(?)が出てくるので面白いヨ。

 

【近況】溜まる下ネタ

 何度か記したように、ボーッとしているとよく下ネタが浮かんでくる。寝ている時にも浮かぶので、調子に乗ってると眠れなくなることもある。困るのはイイのが思い付いて自分だけでニヤニヤしてウケながらも、翌日になるとスッカリ忘れてしまう時だ。先般も2字熟語を2ツ対比した傑作ができたと喜んでいたのに、目覚めたらまったく思い出せなかったのでガッカリしたヨ。2字熟語2ツの対比だけは覚えているので、いつかまた思い浮かぶことを期待することにした。同じことが以前にもあったしネ。

 以下は一昨日の夜に思い付いた早口言葉で、忘れないうちにメモった自信作。

 《しょじょのびしょうじょひしょじょのびじょ》

 リズム良く、し(じ)とひ(び)を上手くからみ合わせた傑作だと思うがナ、どう?

 
 ついでながら備忘メモからチョッとだけ紹介しておこうか。
 《知恵の輪よりもエッチの和》
 運が尽く⇒《ウンが付く》(尿洩れではなく便洩れ)
 弁護団⇒《便後弾》(全部出たつもりでパンツをはいたのに、また・・・)
 ペンは剣よりも強し⇒《便はペニスよりも臭し》
 (4字熟語) 「品行方正」⇒《貧相包茎
 
(註) ウンコのネタが多いのは、昔ハカセ(近藤裕子先生)から「セキヤさんはいつまで経っても肛門期ネ」と言われた診断のとおりかな。