【読む】ダンテ「神曲」  原武史『大正天皇』と「歴史のダイヤグラム」

 オルテガに続いて、現在読書中(というより中断中というのも多数あり)の本について記しておこうと思ったけれど、字数オーヴァーで控えたものがまずダンテの「神曲」。あまり読んだ人に出会ったことがないけど、学部時代に正宗白鳥を読んでいて何度か「神曲」に感動したという記述が刷り込まれていて、いつか読もうと思っていたのを実現しているところ。『和魂洋才の系譜』で売れた平川祐弘さんの(ラテン語からの?)新訳も出ているようだけど、ボクが読んでいるのは古書店の100円コーナーでゲットした壽岳文章さんの古典的翻訳。実に丁寧に注釈してくれるので何とか読めるけれど、主人公のダンテが現実のダンテに直結した注釈なので、私小説を読むように味気ない感じが抜けない。5センチくらいの厚さをまだ5ミリにも満たないところだから、読み終わったとしても再来年になるかも。

 これも広く売れた原武史大正天皇』も100円で入手したものだけど、大正天皇が国会で詔書を巻いて遠眼鏡のようにして覗いたというショッキングなエピソードをはじめ、天皇には脳が障害があったので早く退位したのではないかという問題を読んでみたかった。まだ半分近くまでのところだけど、結論は伏せて興味のある人は自分でどうぞということにしておこう。

 原さんは朝日新聞の土曜日に「歴史のダイヤグラム」というエッセイを連載していて、『大正天皇』にもむやみと鉄道の叙述が多い鉄道オタクなので、鉄道や時間表についてとても面白く読ませてくれる。だいぶ前に天皇(昭和?)を大宮辺りで爆破しようとした連中が、天皇の予定が変更されたために計画を中断したという記事があった。その時に用意した爆弾が、三菱ビルを爆破するのに利用されたと読んでビックリしたネ。何十人の死傷者が出たか忘れたけど、罪のないサラリーマンが日常の業務に励んでいる最中に、列車を爆破できるほど強力な爆弾を破裂させた罪は大きい。

 全共闘運動を頂点に反権力の運動が盛り上がった時代のノリのままに、爆弾闘争を日常生活に当てはめてしまった愚行を、犯人の1人が猛省して短歌集を出したと記憶する。若気のノリで不用意に為してしまう愚行には、くれぐれも注意してもらいたいネ。特に酒を呑んだ時にはネ、ヒトのことは言えないけど。

【読む】オルテガ「大衆の反逆」  西部邁→中島岳志  

 やっとオルテガの「大衆の反逆」(寺田和夫訳・中公クラシックス)を読み始めることができた。ずいぶん以前から読みたいとは思いながらも果たせず、せいぜい西部邁の「大衆への反逆」(「の」じゃなくて「への」)を拾い読みできた程度だった。振り返ればオルテガに関心を抱いたきっかけが西部邁の連続テレビ講座(今で言うEテレ)だったし、今回やっと読み始める決意を持てたのはその西部邁を「師」と呼ぶ中島岳志さんの書に感銘を受けたためだ。

 さすがに本家のオルテガは素晴らしいし、面白い。とはいえまだ本論の10ページにも達していないのだけど、序文(?)の佐々木孝「今日的オルテガ」が実に重要なことを教えてくれるので驚きだった。あるアメリカの文化評論誌が、「大衆の反逆」がルソー「社会契約論」と「資本論」と並んで20世紀を代表する著作だと認定しているとのことだけど、そんなに意義のある本だったのか! 

 スペインという存在について深く考えたことないけど、極めて独自なのでビックリだ。

 《スペインは、あるいはスペイン文化は、天上と地上が、形而上と形而下が、精神と物質が、垂直的視点と水平的視点が、あるいは貴族と平民が陸続きというか混在している文化なのだ。スペインの理想主義と現実主義の関係もけっして二元論的対立構造にはならない。ちょうど物語の最後でドン・キホーテがサンチョ化し、サンチョがドン・キホーテ化されたように。》

 キホーテの〈行動〉とサンチョの〈認識〉との対照を、二項対立とばかり思っていたのに、双方が対立を解消していくという文化と言われて感動したネ。それには西欧の行き過ぎた〈理性〉偏重とは異なる、〈理性〉と〈生〉とを相互補完的な関係にあると捉えたのがオルテガの手柄だったということだ。この貴重な〈平衡感覚〉は(関谷一郎小林秀雄への試み』の第二章で小林の保持していたものとして論じられているが)、それには大航海時代を領導したスペインが、新世界で絶対的な〈他者〉に出会ったために誕生した人間観から生じた感覚だという。衝撃的な捉え方でただただ驚くばかり。

 西欧が〈理性〉偏重のまま一元的に(フランス革命に直進してしまったのとは異なり=とまでは書かれてないが)閉塞したのに対し、スペインはレコンキスタによってイスラム勢力(とユダヤ教徒)を排除して国家統一を成し遂げたものの、イスラムと特にユダヤ教からの改宗者の系譜とがその後のスペイン形成を隠然と支えていたという。単一ではないスペインの在り方こそが、〈生〉を重層的に見ざるとえない独特な立ち位置を形作ったというのは、初耳ながらいたく納得したネ。

 この序文だけでも一読の価値が十分ある、おススメ!

【近況】コタロー便り(2) 

 コタローがブログを読んだといって、近況の詳細をメールしてくれた。弁護士9年目だそうで、旧優生保護法の国賠償請求の弁護団に加わっているというのだから頼もしいし、コタローらしくてイイね。一般に法(律)学の研究者たちは権力に弱くて、御用学者ばかりとのこと。逆に憲法学者は闘う人が多いのでアテになるとか、学大から名古屋大に異動した斎藤一久さんを思い出したヨ(前にも書いたけど)。

 家族にもイイことがあったそうで何よりだけど、ここではその種のイイことは書かないことにしているのでスルー。今年の年賀状が来なかったのは、お婆さんが亡くなりそうだったためというので、理由が分かって安心したヨ。

 ボクの大学入学同期のクラスメートの弁護士(松山在住)が上京すると、昔の仲間が集まっているのだけど、コタローが上京した際にヘイカをはじめ皆と呑めるとイイね!

【近況】コタロー変わらず

 タマチンの近況のみならず、『青銅』を送ったのを機会に少なからぬ仲間からメールや手紙をもらっているヨ。釣りがらみで言えば、長いこと夏合宿で定宿にしていた松善の飼い犬を、コタローと名付けていたのを思い出した。そのコタローも(ネモチンと同じく)今年の年賀状が来なかったのでカミさんに逃げられたのかと心配していたけれど、ヘイカに住所を確認して『青銅』を送ったらメールが来たヨ。オマキやリューマンと同様で、未だに『青銅』をボクが負担したものと勘違いして住んでる甲州ワインを送ってくれたけど、カミさんに逃げられたとも記してなかったので安心した。仕事の弁護士が上手く行っているのかどうかも記してなかったので、こちらはチョッと心配。でも何かと器用なコタローのことだから、現在も将来もダイジョブだろうネ、きっと。

 年賀状以外ではご無沙汰しているアカチャンにオキヌが3人の男児を育てていると報せたら、驚きと共に自分の子育てと出版社での仕事について近況を報じてくれた。ブログを書いていて、既に400記事以上になったそうだけど、URLは記してなかったから皆さんに教えることはできない。

【近況】タマチン頑張る!  アスペルガー  ヒグラシゼミのアーカイブ?  

 何と突然タマチンから長い近況報告メールが届いたヨ。去年の出版記念+生前告別式に五島列島(長崎)から参加を検討しているとメールしてきたから、わざわざ来ることもない・オレはまだ長生きするから上京することがあればその時にユックリ会おう、と返信したと思う。今回は多忙でもあって年賀状を書くより、メールなら長く書けるのでというので近況を詳細に送ってくれた。

 メデタイこともあるけどそれは書かない約束なので、苦労の方だけネ。発達障害に興味を抱いて長崎大の大学院まで出て、その道を進んでいるヨ。というより新たな道と言った方がいいかな、長崎の離島に住むために来年からは長崎の高校で教えるとのこと。「NPO法人せかい卵」という肩書きでメールがきたくらいだから、相変らずパワフルに活躍しているのは伝わると思う。ずいぶん前から遠く五島列島に移住して働き始めたのだから、彼女の行動力には頭が下がるヨ。

 昔チョッと傷心していた頃に釣りに誘って「北見」宿のある元名海岸や館山桟橋などに、2・3度同行したから釣り場でタマチンを思い出すこともある。それにしてもこれほど元気に生きているとは嬉しいかぎり!

 ユウ君やハッチャンも安心し・喜ぶことだろう。

 

 意欲的なタマチンから、オンライン化したヒグラシゼミがアーカイブでも見ることができるかと訊いてきた。アーカイブとは録画のことかナ、それでも見たいということだからヒッキ―先生にその手配を頼もうと思っているヨ。

 

@ タマチンも関心を持っていて、そういう子供と接してきたというアスペルガー症候群ハンス・アスペルガーを取り上げたBSプレミアムの番組「フランケンシュタイン」の再放送を見ながら書いているヨ。内容は数日前に記したので省くけど、前回見なかった番組の冒頭でグレタ・トゥーンベリが画面に現れてトランプ批判していた。彼女が温暖化から地球と人類を守ろうとしているのは周知だろうけど、自身がアスペルガーだと告白していたことを忘れていた。番組では歴史上アスベルガ―と想定されている人物に、ニュートンキュリー夫人アインシュタインなどがいると紹介されていたのには驚いたネ。

【状況への失言】トランプの時代  阿部和重

 朝日新聞11月27日に、阿部和重がトランプの時代を「本格的な情報詐術時代」として論じているヨ。ボクは数冊ゲットしたまま未読の作家ながら、蓮實重彦さん始め高く評価され若い皆さんからも支持されているようなので、情報として伝えておきます。内容は記事の表題で伝わると思うけど、トランプが「フェイク」を連発しながら虚実の堺を無効にした「詐術」を分析している。一読をおススメ!

 阿部和重によれば、トランプが去っても彼が残した黒遺産は本格化するばかりとのこと。その通りだろうけど、イヤな分析結果だネ。少なくとも弱者の痛みに無感覚なゴロツキが姿を消してくれるのは、救われる思いでいる。もちろんバイデンがオバマやロシアのゴルビー(ゴルバチェフ)のような清潔感をまとっているとは言えないけれど、トランプやプーチン、さらには習近平のような悪人のイメージではない点ではありがたいネ。安倍晋三麻生太郎の「政治の私物化」、モリカケサクラクロカワイという汚職の連発を、菅が受け継いでモミ消そうとしている醜態を見せられている日本国民からすれば、トランプの姿を見せつけられる苦痛から免れることになったアメリカ人が羨ましいというわけだ。

 おまけにコロナのお蔭で、他人(弱者)の痛みなど眼中になくひたすら自己アピールに励む小池百合子の姿と声を強いられるのだから(見かけるとテレビ画面を切り換えているけど)、日本人には救いが無いということか・・・

【近況】パッチンの博論祝いと慰労

 今日はお仕事で新宿に言った帰り、デパートのレストラン街でパッチンと会食したヨ。スケバン女子だったから改めてスケパッチンと呼んでもイイけど、学大の臨床心理学の修士を出た後にお茶大博士課程に進み、昨年度博士号を取得した(今年3月)。意欲と時間の賜物だネ、よくガンバッタよ。

 それにしても院生の頃からやっているという、学校のコンサルタントのバイト料の額がスゴイ! 想像を絶するから記さないけど、その分は親に負担をかけないからイイね。ただ食事もできないくらい忙しいこともあるそうなので、世の中それほど甘くないということかな。

 在学中はボクにとってはサイコーの女子6人組(ロシアの音楽家みたい)だったけど、卒業したらスケパッチンとサカポコの2人以外は横の連絡がないとのことで、ネモチンの情報も得られなかった。6人全部とボクは連絡が続いていたのだけど、ネモチンは今年の年賀状が来なかったままで心配だヨ。

 ともあれ2時間ほど実に楽しく過ごせたヨ。皆も何かイイことあったら祝い・慰労するから連絡しておくれ。