【聴く】マーラー・交響曲第2番「復活」  藤村美穂子  アシュケナージの指揮はイモ!

 このコーナー、ご無沙汰していものの、書きたいことはたくさんあるのだけどネ。

とりあえず今夜のNHKでは、N響マーラー交響曲第2番を演奏するのでおススメ。指揮はピアニストのエッシェンバッハだけど、アシュケナージほどヒドくはない。

ピアニストとしてはどっちが上かは全然分からないけど、アシュケナージの指揮はイモだネ。本人も自覚していたのか、著名な曲を演奏するのは避けていたのは褒めてやりたいけれど、そもそも指揮などやらなければ恥もかかずに済んだのにネ。エッシェンバッハは有名な曲をウィーン・フィルとも振ったりするほど認められているようだけど、バレンボイムのようにピアニストとして以上に(?)スゴイ指揮ができるわけではない。バレンボイムは早くから(フルトヴェングラーに憧れて?)指揮の勉強をしていた成果を出しているけれど、エッシェンバッハアシュケナージも正規の勉強無しに思い付きで指揮を始めたという感じじゃないかな。

 それでもエッシェンバッハアシュケナージほど芋じゃないから、この名曲を振っても聴けると思う。メゾソプラノの藤村美穂子も国際的に認められているスゴイ歌手だから、聴くだけでなく録画することをおススメしたい。冒頭から聴く者を引き込んでしまう素晴らしい曲であるのは間違いない。ボクが初めて聴いたのはワルター指揮のレコードだったけど、出だしだけでビックリしたものだ! 聴けば分かる!

【結石情報】石が出た、石がまた出た、石が出た!

 「出てくるわ、出てくるわ」と言えば中也のフレーズだったけど(「わ」は「は」だったかな?)、まだキープしたのは3個ながらも結石が出てきた時ほど安心な感情は無いネ。一昨日またチョッと小さいながら1個ゲットしたヨ。これで次回の診察で、クリマン先生から超音波破砕施術を言い渡されることはないだろう。うれしい!!!

 昨日は駅のマルシェで中華2品を買ってきて、先日の残りの合鴨とともにジントニックをたくさん呑んでしまい、今日は二日酔い。それでもジンが呑めたのは今年初なので、それも悦びだネ。

 

 結石を膀胱まで落とすために縄跳びをするつもりだったけど、室内運動をやり過ぎて左脚の外側筋肉(付け根ではなかった)を傷めたため、痛くて足を引きずるようになっている。右腕とともに、鉄アレイを両手にシャドウ・ピッチングをするのが原因だろうけど、引き籠っているとパワーが余って運動せざるをえないのだナ。回復するまで待てずに、痛みをこらえてまで運動しているのだから仕方ないネ。体重も3キロ増しから、500グラムしか減ってないし。

【状況への失言】小泉が「安倍辞めろ」と発言!  自殺に追い込んだ安倍の責任は重い  『週間朝日』4月10日号

 2日の朝日新聞の4面に、小泉純一郎が週間朝日のインタビュー(4月10日号)で、森友学園をめぐる公文書改ざん事件に対して安倍の責任は「十分ある」とし、「責任を取って(首相)を辞めざるを得ない」という認識を示したとある。財務局員を自殺にまで追いやったのは、「誰が見たって(森友学園問題に首相が)関わっていたのはわかる」とまで断言したというのだから、反原発の立場を明らかにしていることと共に、小泉純一郎を再評価したくなるというもの。

 『週間朝日』には詳しく書かれているのだろうけど、読売や産経グループのメディアは小泉発言を無視するのは明らかだから、毎日グループやTRSにもこの発言を大きく取り上げてもらいたいものだ。読売や産経が安倍晋三を増長させてきたのだから、間接的には自殺させた責任も負わねばならない、不買運動もありだネ。志村けんの残念な死が調子に乗った若者たちにも危機意識を喚起したように、小泉発言ももっと広めて無知な安倍政権支持者を目覚めさせ、一刻も早く安倍降ろしをしない限り日本は明るくならない。

 安倍自身は1日の委員会で、政権を「放り投げることを毛頭考えていない」と放言したそうで、「バカは死ななきゃ~」のとおりだから、コロナに殺してもらわない限り本人は辞めないだろうけどネ。麻生太郎はコロナ死しても、「バカは死んでも治らない」ままだろうけどネ。

【釣り部・見る】コジレイ(児島玲子)の引退  秋丸  フワちゃん  永野

 コジハルはボクが無案内なAKBの卒業生ながら、深夜の競馬番組で馴染みの女子なのでそのおバカ・キャラが愛敬タップリで受け入れることができていたネ。彼女も今月から番組からも卒業するそうでチョッと残念。コジルリの方はAKBのように集団で売るということもなく、単独で通用しているのだから大したものだネ。カワイイ(趣味じゃないけど)だけでなく、とても聡明(コジハルと正反対)でNHKの「サイエンスゼロ」に違和感なくMCを務めているのでも明らか。素直で正確も良さそうで好感度がとても高いようだから、今後も活躍を続けて欲しいネ。 

 

 コジレイと言っても伝わりにくいけど、児島玲子というベテラン釣り女子のことだヨ。品の良い美人だけど、もう40才は軽く超えた年齢だったとは驚きながら、最近の番組でテレビからの卒業が判明したのでとっても残念! 釣り番組では、ブラックバスを中心に不愉快なヤカラも出てくるので、コジレイのような好感度の高い釣り師が見られなくなるのは惜しい限りだけど、彼女の影響で釣りにハマったという女子の秋丸というのが代わりに露出するようになるのはゴメンだネ。秋丸というのは下品極まるウルサイ女で、見ちゃいられないのだナ。

 芸人でもフワちゃんというのが良くテレビで見かけてウルサイ限りで見たくないものの、秋丸のような嫌悪感は無いネ。ウルサくハシャグのは基本的に嫌いで、芸人では永野という男も無芸でウルサイだけなので嫌悪をそそられるだけだから、一刻も早く消えてもらいたいネ。芸人に限らずウルサくハシャグ連中は、4月の番組編成を機にそろって消えてもらいたいものだネ。