【状況への失言】どうでもイイけど、潮田玲子は性格悪い!  女性アスリートや演奏家の肉体美

 先般、ボクの大好きな番組「ヒューマニエンス」に潮田玲子が出てきて不快感をバラまいていたことを記した。6月17日の朝日の夕刊に「女性アスリートの容姿表現 違和感覚えますか」という記事にまた潮田が載っていたので、不愉快な思いを重ねたヨ。やっぱり朝日を止めて東京新聞にしようかな、なンてまた思ったネ。東京新聞と記すのは、以前にも書いたけど現在一番闘っている新聞だ(特に安倍政権相手に)と聞いたからだヨ。

 バドミントンにも全く興味を抱いたことないし、オグシオについても無知同然だったけど、「美女アスリート発掘」というテーマで週刊誌に載ったことがあるそうだ。当時の潮田を見た記憶がないけど、現在の潮田を見るかぎり「美女」とは全然思えないのだナ。前にも書いたとおり、あの手の顔は丸坊主にすると似合うと思うネ、中学生のガキによくある顔だヨ(テレビで現在の小椋という人を見かけたけど、こちらの方が美女顔に近い感じがしたナ、個人的な趣味の問題だろうけど)。オグシオが国際大会の出場権を得た時、先輩選手たちが協会にたいして「顔がいいから(小椋・潮田を)選んだのか?」と迫ったのを潮田が見たそうだけど、訴えた女どもの顔が目に浮かぶようで笑えたネ。潮田を「美女」と格付けるフツーのアスリートのレベルが低すぎる故の話題作りなンだろネ。顔だけでなく胸囲のサイズを「推定」された時は恥ずかしく・悔しく・悲しかったそうだけど、胸には自信がなかったのかな?(それともデカいのに自信を傷つけられたのか、パイ専門家のユウ君に訊いてみよう)。

 美形の女子アスリートは、どうしても顔や胸・脚などが注目されてしまうのは止められないだろネ。ビーチ・バレーの水着も問題になったこともあるようようだけど、水着でなければ観客が激減するだろネ。いつの間にかNHKのテレビ体操が水着に近い体操着になっているけど、視聴者が減ることはあっても増えることは絶対ないよネ。テニスに興味があった頃けっこう美形の女子が多かったので、そうではない選手同士の試合を見ていて自分が「まるでテニスを見ているようだ!」と気付いたときは苦笑・自嘲の笑いが止まらなかったネ。

 ともあれ潮田はいまだにイケメン・アスリートを「あの人、カッコいいよね」と洩らしてしまうというのだから、チヤホヤされた(されている)のを喜んでいるに違いないネ。そこに自己肯定感を味わっているから、場違いなテレビ番組にでても不要に自己アピールしたがるのだろネ。テニスが好きで自信もあるならテニス・スクールでも開けばいいものを、ズウズウしくも女性アスリートの抱える問題を検討する社団法人まで立ち上げたというのだから、自己アピールのためには何でも利用してやろうという魂胆なンだろネ。ヒトを(何でも)利用して自分を通すジコチュウの性格の悪さたるや、ほとんど小池百合子並みだネ、反吐(へど)が出るヨ!

 

 先日「クラシック倶楽部」(BSプレミアム、朝5時~)でフランス人の美女トランペット吹きが裸足(というか裸脚)で吹いているのを見ていたら、トランペット曲はおおむね好きじゃないのについ見とれてしまったヨ。もちろん演奏が上手いのかどうかはまったく分からないから、ただただその顔と脚に見入っていたのだネ。細い脚は好みじゃないけど、彼女の脚は細すぎもせず太すぎもせずちょうど良いのだネ。裸足で演奏するのは会場に響く音を身体から直接感じるためだと彼女は語っていたけど、それなら短パンで脚まで見せる必要はなさそうだよネ。この番組はしじゅう再放送しているから、今度の機会に見るなり・録画するとイイよ。

【読む】山本眞功(しんこう)の著書2冊

 帰り際にリンリンから山本さんの著書を2冊もらったヨ。面白そうだからおススメだネ。

偽書「本佐録」の生成 江戸の政道論書』(平凡社、2800円+税)

『「家訓」から見えるこの国の姿』(平凡社新書、760円+税)

 もらったばかりで帯や目次くらいしか読んでないけど、上記は表題からしてミステリアスなもので、家康や側近・本多正信が書いたものではないことを明かにしつつ、その生成と意義を追求したものという。

 下記の新書は「日本の近代化は武家化だった!」という挑発的な帯の言葉に、公家・皇族・武家・商家・農家それぞれの〈家〉に伝えられた〈訓え〉をたどる、と付されている。

【呑み部】リンリンを励ます会

 ボクが在職中にリンリン先生に非常勤講師として学大に来てもらったことがある。ゴーゴリの「外套」と龍之介作品との比較をしていたという記憶がある。リンリン先生を懐かしく思っている卒業生も少なくないだろう。

 

 部活というわけじゃないけど、25日はリンリン中心に4人で呑んだヨ。リンリンが中心というのはダンナが昨年亡くなり、その後はずっと落ち込んでいる様子だからネ。学界のスケバンとして知らぬ者とてないリンリンが落ち込むなんて信じられないムキも多いとは思うけど、2人の夫婦仲を知っている者からするとヤッパリという気持と、そこまで落ち込む? という両方の印象だネ。ダンナはなかなかの人格者(専門は日本思想史)であり、だからこそリンリンを手なずけることができたということなのかな? あのリンリンが大人しく従っている姿を初めて見かけた時は感動したもンね。おおむねリンリンのワガママを許容しながらも、抑えるべき所は抑えていた感じだったネ。心と心が離れがたく結びついていた夫婦だと言えるだろネ、ジャミラにやりたい放題されているボクには信じがたいけどサ。

 ボクは亡くなったのを知らずにリンリンに年賀状を出したら、寂しそうな語り方でダンナの逝去を報せてきたヨ。花も酒も贈らずに、呑みたくなったらいつでも連絡してくれと真情を吐露した返事を出したら感じ入ってくれ、ボクの手紙をダンナの位牌に捧げてくれたとのこと。実はダンナとは2~3回一緒に呑んだだけなのだけど、大げさに言えばすぐに意気投合した感じを抱いたものだ。1度目は近代文学の仲間が国立に集まって呑んだ時なのだけど、リンリンがダンナに「(専門が違うのだから)アンタは帰ンなさいヨ」と冷たく言っていたのを、ボクがダンナを拉致して一緒に呑んだのだネ。上記の感動体験からそうしたわけだネ。リンリンの博士論文審査の時も、審査員候補に僕の名前が上っていたら(リンリンは敬遠気味だったらしいけど)ダンナがボクを勧めてくれたのだネ。

 

 ともあれ当日5時から中野「第二力酒蔵」(呑み部その他でもよく利用する店)でということだったけど、会議で3人が遅れるのを呑みながら待ったヨ。ツマミは大好きなサザエの刺身(時価)とツブ貝(希望したアオヤギが品切れだったので)の刺身で、ビールをとばしていきなりシャブリ(白ワイン)のボトルでシアワセだったネ!(ツブ貝はマズかったけど)。(むかし東伊豆で昼に1人で食べて以来の)でっかいサザエだったので肝も大ぶりなのを5つくらいに切り分けていたのを、肝が苦手なボクは手をつけずにいて3人に食べてもらって喜ばれたヨ。 

 リンリンが魚の刺身をというので盛り合わせを2人前頼んだけど、前回感激したカツオがそれほどの味でなかったのは時季が良くなかったのかな? その他もこれといった魚はなかったのでリンリンが太刀魚の焼き魚を注文したけど、ボクは学生時代から半世紀近く太刀魚が美味いと思ったことがなかったので(先般の釣り部で出された時も)、その旨をリンリンに伝えたけどリンリンは美味いと言い張っていたヨ。リンリンとボクはいろんなことで意見を異にするのでしばしば「論争」をするのだネ。人の好みも人それぞれに違いないけど、由緒正しい(?)家庭に育ったリンリンは早くから太刀魚を美味しく食べてきたのだろネ。北関東育ちのボク(と他の2人)等は、刺身といえばマグロしかなかった生活だったから、上京するまで太刀魚など聞いたこともなかったネ。焼いた太刀魚をリンリンから分けられたアッちゃんやサッちゃんがどう感じたかはハッキリしなかったけど、きっと美味いとは思わなかっただろネ。

 ボクが勧めたのは小アユの揚げたのやメゴチの天ぷらだけど、3人とも美味い! の連発だったヨ。小アユというのは釣り部で毎年行っていた大洗・那珂湊の稚アユ(3㎝足らず)とは異なり、4~5㎝だからハラワタの苦みも十分で美味そのもの。メゴチの天ぷらはボクは昔からキス天よりも好きだネ。酒はボクはシャブリをちびちび呑んで足りた一方で、他の3人は日本酒を何種類か呑んでたネ。

 呑みながら1度ならずボク等を見すえながら、リンリンは「なんでダンナが死んでお前らが生きているのだ?!」と洩らしていたけど、目の前にいる男たちの中にダンナがいないのが納得できないのだネ。いかにもリンリンらしい率直きわまる発言で、リンリンを理解できない人なら立腹するところだろネ。ボク等3人は「また始まったナ」くらいの受け止め方で済むのだネ。言葉は時にキタナクなるけど、心はキレイな人間なのだヨ。時々他者も社会も無くなってしまう幼い子どもの心の持ち主なンだネ。

 会計は「励ます会」の提案をリンリンが素直に受け入れてくれたので3人で割った、まずは大成功といったところだネ。

 

 会そのものは上手く行ったのだけど、帰りがタイヘンだったネ。リンリンが酔ってまともに歩けず、道端にへたり込む始末だったからネ。幸い人通りの少ない道を選んだために、へたり込んだまましばらくの間待ったヨ。両側で支えながら中野駅から乗ったのだけど、「老人席」の乗り場から乗ったら坐っていた客がすぐにリンリンに代ってくれたヨ。と思ったとたんにその隣りとその隣りの客もアッちゃんとボクに籍を譲ってくれたヨ(サッちゃんは逆方向)、日本の若者も捨てたもンじゃないネ。アッちゃんと2人でリンリンを国立まで運び、タクシーに乗せたところで一件落着!

 (と思っていたら、2日後の今日リンリンからメールがあり、感謝の言葉と泥酔の詫びの言葉た寄せられた。タクシーから無事降りたけど自家に入るまで転んで立ち上がるまで時間がかかったとのこと。翌日の昨日は二日酔いで何もできなかったそうだヨ。) 

【釣り部】夏合宿、参加者続々?

 先般学大卒のエトワル君が、夏合宿に参加しやすいように職場の三者面談を調節するというメールをくれました。今日は宇大卒のツクホーシとフニャ君が参加決定という連絡をもらいました。こうして続々と・・・増えるとイイね。

 反対に会社員になって土日出勤となったため、釣り部に参加できなくなったカネシローからは淋しそうなグチのメールが来ました。

 8月の5~7日、1泊でも日帰りでも会えるとイイね!

【聴く・見る】放送大学「世界文学」  古井由吉(現代日本文学の最高峰=ハルキなど比較にならない)

 ナイターを見ながら寝入ってしまった。巨人戦とオリックス戦を並行して見ていたのだけど、阪神や日ハムの野球じゃないので集中できなかったのだネ。それにしても昨夜の阪神対広島戦はスゴかったヨ、連日のシーソー・ゲームでまた逆転されるかと覚悟したけど、何とか引き分けで終ったヨ。こういう試合に比べると、今日の巨人は菅野がヒドすぎて(もう限界か?)ヤクルトがやり放題でツマラナかったナ。解説者の江本も言っていたけど、往年の菅野のスピードがガタ落ちで打ちこまれても当然だったネ。

 目覚めたら9時10分ほど前で焦ったネ、8時15分から放送大学の「世界文学」を見るつもりだったから。嬉しかったのは古井由吉を取りあげていたからで、阿部公彦さんが代表作「菫(木偏がついてアサガオと読む)」の解説をしているところだった。島田雅彦に意見を求めているところだったけど、この作品をどこまで分析・読解できているかジックリ聴き直したいネ。「あさがお」は立教大学院で取り上げたことがあり、ツワモノの1人がレポーターとなって発表当日にはぼう大なコピー資料を持参してきたものの、やっぱり読解できていなかったネ。それにしても「世界文学」の講義前5回の中に古井由吉が入っているところは、このシリーズを企画した阿部さんや野崎歓さんのセンスの良さが現れているネ。

 続いて晩年の作品などへ移っていったので、番組全体を見れば古井の全体像が見えてくるのではないかな。来週木曜12時からの再放送が楽しみだ、皆さんも見るなり録画することをおススメします! 古井由吉は広く読まれているわけではないけれど(特に日本限定でしか読まれてないようだけど)、その軽さで広く読まれているハルキと比べるとハッキリするように、その文学的価値は比較にならないくらい優れている。芥川賞をとった「杳子」は比較的読者が多いようだけど、「杳子」前後にも素晴らしい作品が目白押し状態で特定の作品名を上げにくい(ただし「櫛の火」だけはダメだと思う)。

 

 全集をゲットしたので以前単行本10冊くらい(?)をツクホーシ夫妻に上げてまずは「人形」を勧めたけど、ショックが強すぎてジンちゃんは古井を敬遠するようになってしまったようだ。ツクホーシ自身はショックを受けながらも文学的味わいは伝わったようだから、「あさがお」その他にも挑戦してもらいたいものだ。もちろん皆さんもネ! ハルキのように読みやすい、ということはないけどネ。

 古井というと、学大赴任した時の昭和ゼミ長だった土屋佳彦クン(現静岡県立高校教頭)が卒論・修論で取り上げた作家だけど、その他はほとんどいない記憶だネ。ボクが関わった他の大学院でも同様だし、学会でも誰でも何か言えるハルキ論は掃いて捨てるほど書かれるけど、「杳子」論以外には古井由吉の作品論は発表でも論文でも見かけないネ。易きにつくということなンだろネ。

 何だかスゴク古井作品を読みたくなってしまったヨ。

【ゼミ部】7月2日中止  7月の発表者募集

 7月2日にはイー君が発表することになっていましたが、イー君の都合でできなくなりました。

 2日を含めて、7月に発表希望者がいれば至急連絡下さい。土日ならいつでもかまいません(誰か7月なら、と言っていた人がいたような気がするがな)。