【状況への失言】日本の国防問題(メイさんとのやり取り)

 メイさんと平野啓一郎の作品をめぐって議論を積み重ねてきたけれど、それ自体は珍しいことでいつもはお互い下ネタ中心にショーモナイことを書いているのだネ。文学論やっていながらも、時々下ネタが付されるのもその流れなのだナ。文学論が済んだと思ったら、今度は日本の防衛問題を振ってきたヨ、下仁田(下ネタ)育ちのアイデンティティを忘れてしまったのかナ? 

 具体的には中国におけるウィグル人に対する人権侵害や、習近平政権になってからの領海侵攻問題が話題になっているのだけど、メイさんの院生時代の同級生の中国人留学生が「らしさ」を失い、習政権寄りの発言をしているのが気になるというのだネ。中国の情報管理と操作は抜け目が無いから名前は出せないけど、中国人がむやみに政権批判ができないのは明らかだから、不審に思うより同情すべきなのだろネ。

 ともあれボクとしてもショーモナイことばかり書いているわけにはいかないから、チョッとマジメにメイさんの提起した問題に応じてみたものをコピペするヨ。日頃から「ヒトの振り見て我が身を直せ」の精神でいるから、中国やロシアの非道なやり方を批判しつつも、日本のやってきた(やっている)ことも常に念頭に置こういう発想を伝えたいのが中心だネ。もちろんメイさんからの反論(返信)も受けているのだけれど、それを公表するかどうかはもう少し検討してからにするヨ。

 文学論と同じく、ご意見を寄せて下さい。

 

面倒かつ難しい問題を振ってきたナ、下ネタ抜きに。 
ともあれ武装はキリが無いということは、常に念頭に置かなければならないだろネ。 
吉田茂のお蔭で(?)防衛はアメリカ軍に任せて以来、その状況に変化は無いネ。 
沖縄が犠牲になり続けているという大問題は絶対無視できないから、無視したがるヤカラを批判しなければならないと思う。 
中国の領海侵犯(や前回話題の人権侵害)は、戦中の日本軍がやったことと変わりない、という観点も忘れてはいけないだろナ。 
魚釣り島(日本名が出てこない)は鄧小平が来日した際にも、「今回は見送るけど」と言ったとおりで昔からの懸案事項だったのだネ。 
日本(軍)が進攻していた頃は、中国(やアジアの国々)は言いたいことが言えなかっただけなンだろネ、南シナ海はやり過ぎだと思うけど中国3000年の領土意識なンだろネ
、ヒドイ話だよフィリピンやベトナム等にとっては。 
いずれにしろ習体制が強化されてからの中国は好戦的になっているのは困り物、周恩来胡錦濤(トウの漢字が違うけど)なら平和的な交渉ができただろうけど。 
 
ともあれ領土・領海を守るためにという美名の下に武装しても限度が無いのが怖い。 
外向きの武装が内側に向かうのも必至だしネ。 
日本の現段階の武装は、数は少なくてもハイレベルではあるという評価だネ、丸腰などではない。 
かといって緊張している領海に自衛隊の艦船を派遣すれば武力衝突になりがちだから、海上保安庁に任せているので彼らの日々は大変だろネ。 
裏表の関係になるけど、竹島問題も視野に入れて考えるべきだろネ。 
魚釣島ともども日本人が住んだり利用していた時期があったのは間違いないものの、上記した通りでたまたま日本の勢力が強かったから自由にしていたというだけだったのかもし
れないから、安易に昔から日本の領土だったと言うべきではないネ。 
 
そんな中で武装の強化を主張し続けているのが石原慎太郎だけど、ヤツの主張に振り回されたお蔭で現在の緊張が生じてしまったことも忘れてはいけないだろネ。 
三島由紀夫は国防という視野ではなく、天皇制と己れの真情(心情・信条)が中心だから、慎太郎とは一緒にできないと思う。 
 
 

【見る】牛乳ちゃん  ギャル曽根=千鳥の大悟  山村紅葉=ボビー・オロゴン  ザキヤマ(アンタッチャブル)  (お笑い芸人比較)きつね<空気階段  

 昨夜テレビを見ていたら、偶然「牛乳ちゃん」とかいう驚くほど可愛い子が出ていたのだけど、彼女が「元大食い女子」ということでまたビックリ。大食いというとギャル曽根のような超ド級のブスと決まっていると思っていたからだ。牛乳ちゃんは今や漫画家を目指しているそうだけど、スッピンで酒呑みながら描いている姿がまたカワイかったネ。

 大食いキャラを止めたというのも好感度高くしている。コロナ禍がらみで生活苦の人が多いというのに、最近また大食い番組が目立っていて不快だったところに、ギャル曽根の厚化粧顔を見ると実に不愉快だったので、牛乳ちゃんを見かけたら救われたネ。千鳥のノブの似顔絵も上手かったけど、即席の4コマ漫画は面白くなかったネ。

 

 千鳥のノブは愛嬌があって面白いけど、大悟の方は見た目が汚くて卑しい感じが嫌だナ。見た目が汚いと言えば、大悟やギャル曽根だけでなく、ナオさんに勧められて見たドラマ「その女、ジルバ」に出ていた小柄でデブな女子が山村紅葉に似ているので、2度と見ないネ。二重で目玉がギョロついている紅葉の類の顔は苦手なンだけど、気付いたらボビー・オロゴンにそっくりなンだネ。ボビーのような卑しさは無いけれど、紅葉の顔を黒く塗ればボビーになるネ。そもそも山村紅葉が女優を続けられているのが不可解、ザキヤマが共演NGを出したそうだけど、気持はとてもよく分かるナ。

 ザキヤマはピンでもオモシロいけれど、柴田と共にアンタッチャブルとしてやり取りすると笑いが止まらないネ。先日サンドウィッチマンと共演していたのを見たら、好きなサンドの10倍以上面白かったヨ。相方の柴田も笑ってしまうザキヤマの、想定外のボケがいちいちオモシロいのだネ。史上サイコーに笑えるアンタッチャブルの漫才・コントをもっともっと見たいネ!

 

 お笑いで嫌なのはきつねというペアだナ、小型の音出し機器を使う2人ネ。ネタが臭くて全然笑えないのに、チョビヒゲの1人が学大名誉教授のタカチュウさんにソックリだからだネ。タカチュウさんのことは好きで、1度「笑っていいとも」に出て爆笑されて受けていたのでレギュラーになってもイイと思っていたのに、それきりだったのは残念だった。ツマラナイお笑いペアの1人がタカチュウさんによく似ているのが残念なのだナ。チョビヒゲでチョッとだけタカチュウさんに似ている「空気階段」のもぐらは、メチャ面白いので大好きな芸人だナ。「空気階段」のコントは絶対おススメ! これもたくさん見たいネ。

【読む】同人研究誌『繍』33号

 昔から毎号送っていただいている早大大学院の研究誌『繍』の最新号を落掌した。ハイレベルの研究誌だけど、今回は漱石2本、その他は賢治・龍之介・太宰・春樹論が並んでいる中に、後藤明生・津島祐子・目取真俊の論があるの が異色かな。個人的には目取真俊に注目していて、著作集も持っているので、論じられている「魚群記」という作品を読んでから論に入ろうと思っている。沖縄の作家というと専門の新城郁夫さんの単行本もそろっているので、そちらも読むことになるだろう。

 そう言えば、むかし立大の学会で仲井真建一さんが発表した崎山多美の「水上往還」論を読むために、ナオさんに作品のコピーをとってもらったまま、作品もレジュメも読んでないことを思い出した。崎山多美は素晴らしい沖縄作家で、とても関心があるのだにネ。次々と読みたいものが増える一方、仕舞い忘れてしまうものも少なくない。トシのせいではあるものの、少々情けないネ。

【観る】コンスタブル展  岸田國士  松本和也  疋田雅昭

 今日の朝日新聞には一面を使ってコンスタブル展が特集されている。前から日本に来るという情報はつかんでいて観に行こうと思っていたのだけれど、新聞の作品を観ていたらやっぱり実物のオーラ(ベンヤミン)を浴びたくなったヨ。実はヒグラシゼミの前に国分寺古書店「七七舎」に寄ったら、何とコンスタブルの画集があったのでゲットしてあったのだネ。1986年にも来日していて、その時の画集なンだネ。しかし印刷が良くないので、チョッと観に行く気が殺がれていたところだったけど、朝日のは新聞ながら魅力が伝わってきたのだナ。

 ターナーの作品も一緒に展示されていて、比較できるのもイイね。5月30日まで三菱一号館美術館だけど、1900円は高いネ。

(ブログを書きながらBSプレミアムの番組「垂直タイムトラベル北川景子 in ローマ」を見ている。再放送で一部は録画してあるのだけど、ローマに対する興味のみならず、北川景子を美術品を観るように眺めながら書いているのだナ。それにしてもとても勉強になる番組だヨ、前半は競馬中継の番組を見ていたのだけれどネ。)

 

 ついでながらヒグラシの日は研究室から岸田國士の作品を借りるつもりだったのに、全集が他の場所(図書館?)に移されてしまっていて果たせなかった。直前に松本和也さんから「かえらじと」論の抜き刷りを送ってもらっていたので、まずは作品を読んでからと思ったしだい。松本さんは太宰研究者のイメージが強いけど、平田オリザ論の書も出しているように、珍しく演劇研究も続けているので期待している。ボクが昔から気にしていた岸田國士についても、戦中期の活動中心に詳しいので教えられるしネ。ボクの仕事机には松本さんが以前送ってくれた岡田利規「三月の5日間」論が、ヒッキ―先生の安岡章太郎「ガラスの靴」論の抜き刷りと共に置いてあるのだナ。期待する2人の論文だから、早く読みたいと思いつつ果たせてない論だネ。それにしても何かと忙しいヨ。

【見る】呑み番組「あてなよる」  鈴木砂羽=中野信子?

BSプレミアムの番組「あてなよる」は京料理の大原千鶴さんと、ソムリエ王子と呼ばれているそうな若林さんが、それぞれの料理と酒のマリア―ジュを楽しませてくれる。こちらはゲストが美味そうな料理と酒を飲食しているのを見るだけなのだけれど、それでも見惚れてしまうネ。時には自分でも呑みたくなることもあるナ、特にワインの時は。今夜も夜12時半から数本まとめて放映するから見るとイイ。

 昨夜は数本の中の1本に中野信子さんが出た! と思ったら鈴木砂羽だったので驚いたネ。今までそんな印象が無かったからだけど、砂羽のヘアスタイルのせいだったかな?(中野さんは種々かぶるけど)。少なくとも顔の上半分はソックリだったネ。

 今夜はワインを呑みながら、「あてなよる」を見ようかな。

【近況】スキャニングの結果  「きらきらアフロTM」

結果と聞いてきたヨ、医者の第一声が「無罪放免」と言うのでチョッと驚いたネ。最初の著書『小林秀雄への試み 〈関係〉の飢えをめぐって』の後書きに、宇大時代に罹患したリンパのガンが完治したので「無罪放免」の気分だと記したのを思い出したからネ。レントゲンに心臓の周囲の動脈が映っていたので、動脈瘤の疑いもあるというので立川の病院でCTスキャンを撮ってくるように言われたのだけど、結果は動脈が曲がっていただけだったのだネ。理由が「背が縮んだため」と言われて笑ったネ、確かに173くらいあったのが2センチ近く低くなっているからネ。

 昨夜(といっても深夜2時)の「きらきらアフロTM」で、鶴瓶(ボクとほぼ同年)も身長が縮んで170センチ割ったと言っていたナ。それにしてもこの長寿番組、たぶん最初の頃からほぼ毎回くらい見ているけど飽きないネ。オセロの松下奈緒美(漢字が違うかも?)の天然ボケが意表をついていて笑えるのだネ。若い頃はジューシーに似ていて好みだったけど、2人の親となった今も面影が残したままにテンネンぶりは変わってないので笑ってしまう。ホンモノのアホかと思っていたら、舞台で現代劇を演じることもあったので、まんざらバカでもないようだ。

【ゼミ部】その4


> 平行線になってしまいましたが、私はやっぱり、この構造と語りの特徴、そして時間の流れがテーマの一つであることから、Tと未知恵の関係も、大野が懸命に小説を紡いで
いる間に流動して変化しているのではないか?と読んでいます。

 

平行線になってしまいましたが、私はやっぱり、この構造と語りの特徴、そして時間の流れがテーマの一つであることから、Tと未知恵の関係も、大野が懸命に小説を紡いで
いる間に流動して変化しているのではないか?と読んでいます。

@ と言うなら、時間がどう「流動・変化」しているのかを論じなければ、議論が続かない。

> それにしても、先生と、深く作品について意見を交換するのは大変楽しいことです。
> 今年度の文学の講義は、オンラインのせいもあり、ひとり紙芝居状態で、なんだか孤独でつらかったです。なので、すごく刺激を受けています!先生、お付き合いくださって
ありがとうございます!

@ オンラインでも十数人の参加がありながらも、テクストが難し過ぎるため議論できるのはメイだけというのは淋しいものの、議論できるだけでも有り難いと思う。

> 追伸 
> チンモグラフィ、想像しただけで痛そうですね。
> マンモは、乳を薄っぺらな餅のように、横から上から潰しまくります。チンがそんな目にあったら…大変ですね!
>
> めい

@ 禅宗で問いを発する時の言葉は何だっけ? マンモでもチンモでもなかったけど。
  トシのせいで物忘れが加速していて思い出せない。

 

* 「いんも」(恁モ=モの漢字は出ない)が正しかったけど、禅宗用語には違いないながら意味は「このように」というそうだ。