【状況への失言】オリンピック  篠原信一  潮田玲子  小澤征悦

 オリンピックには興味ないけど、アスリートたちのために今さら止めろとは言わないものの、お蔭で大リーグの野球中継が見られなくなってしまったのが不愉快だ。ショーヘイの詳しい情報が伝わってこないのでイラつくヨ。

 競技種目に野球が復活したのは歓迎だけど、それにしても奇異な種目が増えたのは驚きだネ。スケート・ボードまでオリンピック競技に取り入れられているけれど、次のオリンピックに受け継がれるのかな? 若者(というより子供)にとってはオリンピックを身近なものにできる競技だけど、何かチープな感じを否めない(競技者たちの技術はスゴイけど)。東京からオリンピック競技になったのは(日本人のメダル獲得が多いのは)、スケート・ボードは日本の企業が作っていて利潤を生んでいるからかな? 前回の東京五輪はまだアマチュア精神に貫かれていたと思うけど、現在は五輪貴族をはじめとしてカネに汚染され切っているからネ。

 解説者も見たくないヤカラが復活したように出てくるのも不愉快だネ。篠原信一の馬ヅラ・バカヅラは林真理子と同じで美意識が許さないし(解説も薄い)、今のバドミントンの選手はそろって好感度高いのに、オグシオ潮田玲子は謙虚さのカケラも無いので不愉快千万だネ、小椋久美子とは正反対だ。一刻も早くTVから消えて欲しいものだ。そもそも小椋はずっとバドミントンに関わってきたのに、潮田の方は何も貢献してこなかったのに、今になってシャシャリ出てきた印象で許せない。

 シャシャリ出るといえば、オリンピックには関係ないけど、ビールの宣伝に小澤征悦が出てくるのも許せない、ビールが不味くなる感じがするからネ。そもそも親父が世界的指揮者というだけで、本人には何の取りえもない小澤征悦などを使うセンスが理解できないネ。こいつも早くメディアから姿を消すべきだ!

 

 無能な小澤征悦潮田玲子たちなど見たくないから、万能にもかかわらず謙虚そのものの大谷翔平の活躍を見たいゾ!!!

【見る】「映像の世紀」を見るビッグ・チャンス

 早く情報を流せれば良かったのだけど、疲れてブログの更新も意のままにならず果たせなかった。必見の「映像の世紀」を1日2本ずつ毎夜放映しているので、今日も眠ろうと思ったのをひるがえして見ることにした。深夜12時10分から地デジNHKでやっているのだけど、今日は第3夜で、⑤ 第2次せかい対戦、④ アジアの独立と指導者の2本だからとりわけ面白そう(④は録画済みかも)。ということは帰京した月曜夜が第1夜だったということだけれど、疲れて見ていられなかったのだネ。

 この調子で毎日2本ずつ放映するようだから、まだ録画してないものを録画したいものだネ。

【釣り部】釣果少数ながらも充実度多大  幻の大魚の天ぷらが絶品!

 釣り部の報告はじめ、ブログが更新されないので健康を心配してくれるメールまで届いた。陽を浴びるだけでも疲れるというとおり、3日間強い日差しを浴びながら釣ったり、夜は呑み部で呑み続けて内臓が疲れたりで、帰宅後は眠ってばかりいた。初日は釣り部常連の4人だけなのに、「鋸南物語」(宿がある場所が鋸南地方)を創作しながら3時間も楽しんだヨ。キッカケは宿の2階にある「避難器具」(ハシゴ?)にユウ君が違和感を抱いたところから始まり、結末は土地の古老の婆さんの巨マンの持ち主をいかに避妊させるかという話で、タワイないものだ。参加者の1人・カネシロー先生の次作に取り入れられて芥川賞! とは絶対にならない物語だネ。

 

 ともあれ釣果は3日間でシロギス7・5・2本という少なさながら、釣れた時間の充実度は高かった。金谷漁港と保田漁港の2ケ所で朝飯前の早朝と朝食後の数時間、シロギス以外にはいつものメゴチがほとんど釣れずにキュウセン(ベラ)やらゴンズイ・子スズメダイ(?)・子ウツボ・巻貝やらばかり。2日目にはユウ君が何と大フナ(?)まで釣り上げ、まるで池で釣ってるような錯覚を起こしかねない模様。宿で訊いても魚種は分からぬままで、空前絶後の獲物かもしれないながら、ユウ君が揚げてくれた天ぷらの中では絶品だったネ。

 2日目はエトワル君が加わり、釣りを早や上がりして昼間から呑み始めた仲間をよそにボクと釣りに集中。今までの参加では釣果ゼロだったエトワル君に釣ってもらうのが今回の目的だったので、ボクも本気モードで付き合ったお蔭でニシキベラ(青色系で熱帯魚みたい)等のベラ3本、小なりといえども食える魚なので初釣果となった(小さいのでリリースしたけれど)。遅れてやってきたタミルさんは釣りには間に合わなかったけれど、彼女が以前釣ったのはヒイラギで食えない魚だから未だに釣果ゼロのまま。エトワル君は、次回は必ずシロギスを釣るという意欲を示して宿に戻り、呑み部に合流してそのまま夜9時近くまで呑み続けた。

 

 2日目の呑み部は日帰り参加のマナブ君とタミルさんも加え(ピリカは参加中止)、総勢7名の呑み部がまたメチャ盛り上がって楽しいことこの上なし。しかしユウ君の酔っ払い症状の電話魔が発症して(相手はイヤラシやリューマンなど)全体の集中が切れたり、日帰りの2名が帰ったりでアマッチやエトワル君が居眠りを始めてしまい、呑み部としては記録的な早さで終了。お蔭で翌日はアマッチと2人で早朝5時から釣りができたヨ。

 酒はアマッチ持参のいつもの高級ビールと最高級の白ワインは初日に呑み尽くしたので、2日目のビールはボクがゲットすることにしていたところにマナブ君も協力してくれた。釣り部以前からフニャ君差し入れの日本酒2本に加え、エトワル君も1本持参してくれた上にタミルさんが初耳のウィスキー2種類を差し入れてくれたので、酒類はたくさん余ってしまった(もちろんウィスキー以外は次回に回すけれど)。アマッチがいつものメロンも持参してくれたので、ユウ君たちはウィスキーをかけて賞味していたネ。

 

 北見の料理は宿泊代に比すまでもなく、チョー美味で高水準なのはいつものとおり、初日の刺身は何といってもカワハギ中心でアジやブリ系に寝かして柔らかくなり甘味も増したイカなど。2日目はフツー食べることができないイシダイとクロムツ、それにサザエ(個人的には生でなくて残念)などで食べきれない分量。いつもの茹でダコも追加されたものの、皆さん加齢のせいかほとんど残してしまった。ボクにはユウ君お手製の揚げたて天ぷらが最高の味わいだったネ。料理長のユウ君と助手のカネシローには感謝の言葉もない。

 次回は10月16・17日の土日の2日間、奮って参加してください。

 

【状況への失言】小林賢太郎問題(4)  爆笑問題・太田光の分析だけは信頼できる   朝日新聞と「識者」は基本が分かっていない(三島憲一・高橋哲哉・石田勇治・佐藤卓巳)

 ふだんは見ない日曜TBSの「サンデーモーニング」を点けておいたら、太田が期待どおりに小林賢太郎問題で発言していた。あえてアブナイ問題にも切り込む点では似た芸風だと思っていたので、ケンタローの意図がシッカリつかめている印象で安心した。あくまでも太田の記憶で言っていたのだけれど、ユダヤ人虐殺をネタにしたのは教育番組で主役(?)のノッポさんはじめ《偽善》的な感じなので、ケンタローはその《偽善》を撃つために敢えて虐殺をネタにしたのではないか、と推察していた。太田が久しぶりに「らしさ」を発揮した分析でナルホドと納得したのだけれど、それを若い時のケンタローが自覚していたかどうかは分からない。太田の鋭い考察が当っているかどうかは、現物を見ないと我々には判断できないネ。太田の言うとおりだったら、ケンタローは何も「反省」など表明する必要は無かったはずだし。弁明してもどうせ伝わらないと最初から諦めていたのなら、残念でならない。

 ともあれ同調圧力でもあるまいし、ケンタローを批判する前に虐殺ネタの番組の録画を放映すべきだろう、無ければ文字起こしをして誰でもチェックできるようにしなければなるまい。ケンタローの意図はどうあれ、見た上で我々が太田のように受け止めることができるか否か、を判断するのが本来の批判(賞賛)のあり方であろう。

 

 確かに微妙な問題なのでほとんどの人には伝わらないだろうというのは、28日の朝日新聞夕刊の特集記事でも明らかだ。《「人権軽視」日本社会の現状あらわに》という見出しの下に4名の有識者の発言を記者がまとめている。そろってナチやヒットラーの研究者ではあるものの、そろいもそろって的が外れているので呆れるほど。ナチ批判の業績で認められてしまうと頭が固くなってエポケ―(判断停止)状態になってしまうのだネ。反ナチズムが反転して反・反ユダヤに固着してしまい、イデオロギー(主義)にまで固定されていて無惨な様(さま)は目も当てられない。

 高橋哲哉(東大名誉教授)が《ナチスドイツがユダヤ人に対する差別意識にもとづき、民族の「絶滅」を狙って非常に多くの人命を計画的かつ大量に奪った重大な犯罪であり、欧米ではもちろん、日本でも笑いの材料にするのは許されない。》と述べているが、高橋は番組を見た上でケンタローが「笑いの材料」にしたという判断をしているのだろうか? そうとも見えないまま一般論でダメ出しをしているのだろうが、前にも書いたように「材料」だけで是非を判断すること自体が根本からして誤っている。問題は《表現》(扱い方)だというところから、高橋は再検討しなければならない。

 石田勇治(東大教授)は《2013年に麻生太郎氏が日本の改憲論議に絡めて「(ナチスの)手口を学んだらどうかね」と発言したことがあったが、氏はそのまま政治の要職に残り続けている。「ナチスって悪くなかったんじゃないか」という誤ったメッセージを若い人に抱かせる恐れもある。》と言っているが、歴代最低の脳の持ち主とも言える麻生太郎の発言とはいえ、ナチスの所業を全否定することはできないはずだ。ナチスが悪どい手口のくり返しによって政権を奪取したことは歴史的事実にしろ、他国とは別格の経済復興を果たして大衆的支持を得た「手口」と結果を頭ごなしに否定することはできないはずだ。フランスが中心になって過剰な賠償金などを課してドイツをイジメたことが、ドイツ国民がナチスを支持してしまった心情も考慮しなければならない。イジメられたドイツ民族が、ヒットラーの偏見に乗せられたままユダヤ人を虐殺した(イジメた)心理的経路も恐怖と共に理解しやすいものだ。

 

@ 長くなったので、紙面を改めて。

【近況】結石通院解放されず

 石が2個も出たので、もう通院しなくてもよくなると期待して行ったのに、いつものレントゲンではなくCTを撮られて腎臓から尿管までたくさんの結石が発見され、また3ケ月に1度の通院が続くことになってしまった。解放祝いの独り酒をイメージしていたのを抑えきれず、帰りに手近なスーパーでツマミ3種ゲットして昼間からジンをトニック・ウォーターで割って完食。昨夜11時ころから絶食していたからネ。

 予想どおり昼間の酒は酔うのですぐに寝入ってしまい、長い昼寝から覚めてもボーッとしたまま本も読めないでいる。メールのチェックだけは何とかやったので、また眠ろう。

 なんていう日だ!