【読む】ハルキ論読んでます  宇佐美毅・千田洋幸編著『村上春樹と1980年代』  大井田義章  山田夏樹

 ハルキについての論文チェックを頼まれているので、久しぶりにハルキの作品論などを楽しんでいるヨ。依頼されているのは「風の歌を聴け」なのでシリーズの第1巻である宇佐美毅・千田洋幸編著の『村上春樹と1980年代』(おうふう)を取り出した。本書の宇佐美毅・早川香世・大川武司の3本は以前読んでブログに感想も記したけど、今回は「風の歌を聴け」の研究史を大井田義章さんが書いているのが期待以上に参考になった。学大の近代3ゼミの機関誌『青銅』に毎号掲載してくれる大井田さんの前号に対する批評文は、いつも丁寧に読みこんだ感想・批評なので感心させられていたけれど、ハルキ論もよく読みこなした上でそつなくまとめているのでとても役に立った。

 気付けばナッキー(山田夏樹)が「風の歌を聴け」論を担当していたけど、これも面白かったネ。(ボクが無知な)マンガも含めて何でもハイレベルで論じることができるナッキーながら、先般は安部公房のクソ作品「プルートーの罠」まで論じていたので苦言を呈したけれど、「風~」は優れたものなので論文も刺激的で楽しませてくれた。

 大井田さんも紹介している笠井潔加藤典洋竹田青嗣村上春樹をめぐる冒険』(河出書房新書)が自家の本棚にあったので喜んで読み始めたヨ。期待を超える面白さだけど、ツワモノ3人が集まって論じているのだからとても刺激的だ。30年以上前の本を今ごろ読んでいるのが遅いのだろうけど、ハルキにはなかなかホンキになれないので仕方ないヨ。ハルキについては誰でも何か言えてしまうので、卒論もハルキ論の評価は低めだったネ。何でも書きたがる(出版社が出させたがる?)内田樹の本は未読のままだけど、黒古一夫はじめクズ本もたくさん出てるしネ。

【近況】身体回復? 

 ダルイと記したら少なからずご心配いただきましたが、その後ひたすら布団で眠るように心がけたらだいぶ回復したようだ。朝夜1度ずつ吸うことに処方されているぜん息の薬吸入を、新しい吸入器を机上に出しておくのを失念してたため、2日くらい吸っていなかったのもボケの兆候だろうネ。幸い昨日の午前中は565だった数値が(フツーの人並み)、昼寝した夜には640に上がっていたから元気な証拠だネ。もっとも数ヶ月前には800超(軽量不能)が何度もあったのだから、衰弱しているのは明らかだネ。やっぱり夏バテなのかな?

 昨日は昼寝したのに夜3時間近く眠れて満足したので、そのまま起き出して久しぶりに難しい本も読めたヨ。最近身体だけでなく頭もスッキリしなかったので、この調子で毎朝早く起きるようにしようと思ったヨ。ところが昨夜は呑みながら坐ったまま寝入ってしまったため早寝ができず、十分な睡眠ができなかったので今朝起き上がったのは遅めで頭もボーッとした感じだったネ。それでも起きてからはグズグズせずに本を読もうとハルキの棚を見たら、先行研究が言及していた『村上春樹をめぐる冒険』(笠井潔加藤典洋竹田青嗣)があったので読んだら、期待以上に面白いネ。

 ともあれ睡眠を十分にとって夏バテを解消し、心身回復に心掛けるのでご安心ください。

【見る】「キョコロヒー」より芥川賞候補作家の話

 子規と晶子は午前中見たので、再放送は忌避して芥川賞の方を録画しながら見たヨ。途中から始まる「キョコロヒー」の方を見たかったけど、芥川賞の方が2度目ながらも面白いので見続けたヨ。

 「キョコロヒー」というのは前にも記したけど最近ハマっているヒコロヒーという女芸人(女性芸人という言い方はしないのだネ)と、斎藤京子という学芸会(AKBみたいな女子集団)出身の女子とが接点が持てないために取りとめのない話をするのだけど、そのズレ方がまた笑わせる。ヒコロヒーは芸人としてはひときわ頭がイイようだけど、京子はそれに対応できる天然(ボケ)味を具えているのだネ。見た目で言うと、ヒコロヒーの方が朝鮮系日本人という感じだとしたら、京子の方はアフリカ系の顔立ちだネ。黒く塗れば一時期ウケていたボビー・オロゴンそっくりだろネ。「キョコロヒー」を見ようと思った人のために付言しておくと、来月からは月曜の夜11時過ぎに移るそうだヨ。

  

 芥川賞の方の感想自体は変らない。やはり前半3作は候補になる力作だけど、後半2作はコケ脅かしの素材で持っているように感じたネ。その点でも鈴木涼美は「蛇にピアス」の金原ひとみを想起させるネ。金原は未読だけど、(これも前に記した)Eテレの「言葉にできない、そんな夜」を見ると言葉による表現力に欠けるという印象だった。鈴木涼美は金原よりもマシかもしれないけど、双方とも読む気がないので比較できる人は教えてちょうだい。

【見る】芥川賞候補の女性作家たち(再放送)  子規と晶子と同タイム

 キチンと情報を流した方がイイと思うので。

 先般おススメした今回の芥川賞の候補者となった女性5名の自作解説のような番組の再放送が、今夜0時からある。特に前半の3人の話も作品も面白いから、ボク自身録画しようかと考えている。「正しさ」をめぐる考え方は刺激的だネ。

 

 午前中に見ながらおススメした子規と晶子の再放送が午前0時でまったく重なっているので、両方とも興味がある人は、どちらかを録画しながら片方を見なければならないネ。

【見る】子規(と晶子)  高橋源一郎(小説家)の限界  与謝野晶子  池田理代子もバカ  

 いまBSプレミアムで3日連続の文学者シリーズを見ながらブログで情報を流そうとしているのだけど、今日は正岡子規と病気の彼を支えた友人たちを再現している。もちろん漱石が最初で最大の友人だったのだけど、子規に導かれた漱石の俳句に子規の有名な句にパクられたものがあったとは知らんかったネ。

 《鐘つくや 銀杏散るなり 建長寺》⇒《柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺

 まんまじゃないか! 坪内稔典の発見だそうだけど、発見が遅すぎだよネ。

 ちなみに生涯に10句も創ってないボクにも、子規の句をパロッたものがある。

 《牡蠣食えば カネが減るなり 瑞巌寺  一茶ん(いっちゃん)》

 仙台に行って牡蠣を食べたら中(あた)って食中毒になった時の句。牡蠣を高価なフルコースで食べたのだけど、生ガキが中ったのだろネ。瑞巌寺は伊達正宗が創建した(?)仙台市内の寺だネ。

 解説の高橋源一郎が「日本文学盛衰史」に子規を登場させなかったのを悔いているけど、やっぱり小説家なンだネ。詩歌が視野から抜けているのは作家の限界と言うほかない。文学研究者でも小説や評論は論じることができるけど、詩歌が脱落していることが多い、と安藤宏の大著『近代小説の機構』を評した時にブログに記したと思う。大学院の後輩の中では勝原晴希だけは詩歌も小説も論じる能力があるのだけれど、5回以上自著の出版を勧めたものの(最初の頃はハイと言いながらも)1冊も出してない。フラチな奴だ!

 後半は与謝野晶子だけど、ボクは関心が無いネ。ゲストは池田理代子だったけど、里中満智子ともどもヒットした女性マンガ家はそろってバカだネ。

 以前知った晶子の印象は、平塚らいてう等の観念性には囚われていない現実主義的な考え方ができる人、というものだネ。その点について源一郎も同じようなことを言ってたネ。

 

@ 今夜0時からは先日おススメした女性芥川賞候補作の作家を特集した番組があるのだけれど、プレミアムの特集が終ったので詳しいことは省く。これからショーヘイが出場する試合を見ながら本を読むのでネ(野球は読書と両立するのが取りえだネ)。もちろんショーヘイの出番では本を置く。それにしても今年もショーヘイにMVPを取らせたがる人が多いけど、今年はジャッジでイイじゃない。ひいきだからと言って欲張るのは嫌いだネ。

【近況】結石動かず  懐かしのレバニラ炒め  ベトナム戦争映画  「本当の戦争の話をしよう」

 尿管結石の検査結果は全く変化なく、超音波検査による腎臓も結石はあるものの(常態)肥大も無いので次回の検査はなんと5ケ月後となった(当初は2月おき、この3回ほどは3月おきだった)。検査のため絶食して行ったけど、それほどツラくもなくハルキの「風の歌を聴け」を読み終えた。「ノルウェイの森」における直子の統合失調症精神分裂病)の描き方には違和感を感じていたけれど、直子に通じる女性(片手が4本指)の病状の描き方には忘れていた分だけリアリティがあったネ。

 ボクは教員という仕事がらか、精神的に重いものを背負った人との出会いが多く、統合失調症の人とも数人出会っているけど、直子のフェラチオには極めて不自然な印象を持ち続けている。「ノルウェイの森」に対する評価が低いのはそれが大きいのかもしれないけど、全体が通俗小説に傾いているのがダメだネ。読者に対するサービスが過剰なのがハナにつくのだナ。

 

 空腹を何で満たすか迷ったいるところへ、国立駅行きのバスがすぐ来たのでJR乗換駅の立川のデパートで食べる可能性は消えた。ジャミラが手抜きのためによく王将の餃子を買ってくるのだけど、温め返しても基本的に美味くないから、餃子でビール・仕上げは今年最後の冷やし中華という献立をイメージして中田屋へ行った。やはりできたて餃子はウマい! 生ビールも実にウマい! そこまでは良かったけど冷やし中華が終っていたのガッカリだったネ。後からオバハンが入り口で冷やし中華まだあるかと聞き、終ったことを確認したら帰って行ったのを見て、状況判断の切れ味を感じたネ、さすが!

 代りに表紙に写っていたレバニラを単品で注文したら、感動的な味だったネ。学部生時代によく駒場の小紅楼という中華屋で名物の(客の半分以上がレバニラだった印象)レバニラを食べていたけど(東大楼は中華丼)、その味が蘇えってきたのだネ! 小紅楼の味を求めて半世紀、いろんなレバニラを食べてきたけどウマいと思ったことはほとんど無かったからネ。濃い目の醤油味からニラの炒め具合まで、往年の味そっくりだったヨ。今度学生時代の友人の集まりがあったら、中田屋でレバニラを食べることを勧めよう。

 満足して帰宅し、メールのチェックを「プラトーン」見ながらやったけど、先日は「地獄の黙示録」をやっていたのもブログ書きながら見たヨ。2本とも初めてじゃないけど、このところベトナム戦争の映画が放映されるのは理由があるのかな? プーチンウクライナ侵略が現地でどんなに悲惨な状況を生み出しているのか、伝えるためなのかな? 以前にも記したけど、ベトナム戦争を味わうにはオブライエンの「本当の戦争の話をしよう」を読むとイイ、ハルキも推奨してるンじゃないかな。

 

 食べ過ぎたので夕方パンを食べようか迷うくらいの状態のまま、7時半からのラジオ放送大学で「ヨーロッパ政治史」2本と「西洋中世史」2本の中の1本を聞きながらタップリ眠ってしまった。これから風呂に入ってからビールを呑み、先日のカベルネソーヴィニヨン(赤ワイン)の残り半分を空ける予定、安価なのに実に美味い。そのために一昨日西友で黒毛和牛のステーキをゲットしてあるけど、トシのせいかレバニラよりも身体にイイ気がするネ。

【見る】テレビ放送大学「フランス語」「ハングル」

 放送大学の番組について記したので、ついでながら不満の方も。

「フランス語」講座も前回に比べてはるかに良くなったのだけど、同じものを何年も見ていると飽きるので見なくなっているヨ。前の講座は日本人女性が出演していて、堂々と下手な発音をするので不快だし学習に役立たなかったものだ。聴講者を励まそうというセコイ魂胆だったのかもしれないけど、逆効果だったネ。

 それに比べると現在の講座はほぼ完璧であり(講師のフランス語がシャガレテてなければもっと良い)、中でも3人のフランス人の演技が素晴らしい!

 この3人で別のドラマを演じながら、講座を新しくしてもらいたいものだ。

 

 ついでながらハングル講座の前半を担当している男性講師は、日本語がたどたどしくてイラ立たしいのはテキストに頼り過ぎているためだネ。初歩の語学講座なのだから講義の内容は簡単で決まっているのだし、テキストを忘れて自分の言葉で講義してもらいたいものだネ。

 それにしても自分のハングル学習は停滞したままで情けないヨ。